2022.12.20

彼女と喧嘩した時に仲直りする方法とは?仲直りする時にやってはいけないことも

この記事を書いた人

マッチングアプリ研究部ライター

こんにちは、マッチングアプリ研究編集部です。

ちょっとしたことが原因で彼女と喧嘩してしまった場合、どのように仲直りすればいいのでしょうか?

どれだけ仲の良いカップルでも、一緒にいると喧嘩をしてしまうこともあります。大切なことは、喧嘩をしてもちゃんと仲直りをすることです。

「彼女と仲直りをしたい」、「誤っても彼女が許してくれないから困っている」という方のために、本記事では彼女と喧嘩した時に仲直りする方法を解説していきます。

恋愛経験が少ない方も、本記事を参考に大切な彼女と仲直りしましょう。

彼女と喧嘩した時に仲直りする方法

彼女と喧嘩した時は、どのように仲直りすればいいのでしょうか?

仲直りするためには、いくつかのポイントを意識することが重要です。彼女と喧嘩状態のまま過ごすのは息苦しいですし、破局する原因にもなります。

彼女と仲直りするための方法を確認していきましょう。

まずは落ち着いて原因を見直す

彼女と仲直りするためには、落ち着いて喧嘩の原因を見直しましょう。ただ謝るだけでは「謝ればいいと思ってるでしょ!」と逆効果になる可能性があります。

自分または相手に原因があるかは重要ですが、その経緯を振り返ってみましょう。喧嘩の発端は彼女にあっても、言い合いになったときにあなたがキツイ言葉で注意しすぎているかもしれません。

お互いの積み重ねが喧嘩の原因になっている可能性もあり、あなたが反省しなければならないこともあるでしょう。

落ち着いて原因を見直すことで、仲直りに向けた準備ができるのです。

しっかりと話し合う

彼女と仲直りする方法として、しっかりと話し合うことをおすすめします。喧嘩の経緯や原因を考えて、それぞれが反省することが大切です。

一方的に問い詰めるような形ではなく、相手の意見を聞くようにしましょう。それぞれの事情を把握することで、喧嘩の原因を再確認できます。

不満を溜め込むのではなく、丁寧に伝えることで問題を先送りにしないことも検討してみてください。

「この間のことだけど、僕も言いすぎてごめんね。でも、金曜は以前から一緒に食事をする約束を
していたのに、どうして別の予定を入れたの?いきなりドタキャンされて悲しかったよ。どうしても断れない誘いだったのかな?」

相手を責めるような言い方は避けて、冷静に自分の気持と相手が言いたいことを言えるような話し方を心がけましょう。

1回の話し合いでは解決しないこともあるため、2、3度話し合うことも重要です。

相手の考えを受け入れる

話し合いを円滑に行うためには、相手の考えを受け入れることも大切です。仲直りをするためには、一旦相手の考えを受け入れて、それを試す姿勢を見せてみましょう。

話し合いをする際に、相手の意見を否定してしまうと仲直りするのが難しくなります

すべてを受け入れる必要はありませんが、「僕も悪かった。今度から気をつけるね」と言うことで、相手の気持ちを和らげることができるのです。

悪かったところを明確にして謝る

ただ謝るだけでは、相手の不満は解消されません。自分の悪かった点を伝えて、反省する意思を明確にしましょう。

謝るときは自分の非を認めて、素直に謝罪しましょう。間違っても「だけど君も悪いよね」というような謝り方をすると、余計に問題がこじれてしまうのです。

「約束をしっかりとメモしていなかった」、「前日に夜更かししてしまった」など、自分の悪かった点を謝罪してください。

ただし、同じ失敗を何度も繰り返していると謝っても許してもらえない可能性があります。そうならないように、日頃から彼女を大切にして、喧嘩の原因になるような行動は慎みましょう。

喧嘩して彼女が許してくれない時

誠心誠意謝っても、彼女が許してくれないこともあるでしょう。そういった場合は、どのように対処すればいいのでしょうか?

彼女が許してくれない場合の対処法を解説していきます。

時間を置いてみる

彼女と喧嘩をした場合、すぐに謝っても許してもらえない場合があります。そういった場合は、少し時間を置いて様子を見ましょう

時間を置く場合、あまり長期間放置することはよくありません。翌日または1~2週間程度時間を置いて、改めて行動してみましょう。

もう一度話し合いをする

彼女に謝罪後、少し時間を置いたら改めて話し合いをしてみましょう。時間を置いたことで冷静になり、頭や気持ちを整理できていることが考えられます。

お互いの提案なども時間を置いたことで、より新しい改善案が出るかもしれません。「昨日謝ったことを提案してくれたことだけど、君の言う通りだったと思う」と話し合ってみてください。

もう一度謝る

1度謝るだけでは許してもらえないことがあります。そういった場合は、時間を置いて、改めて謝罪しましょう。

彼女も熱くなっていた状態から落ち着いて、あなたの謝罪を受け入れやすくなっている可能性があります。

自分の悪かったところを誠心誠意伝えて、もう一度謝ってみましょう。

好きな食べ物や飲み物を買ってくる

謝罪の気持ちを物で表現するのも1つの手段です。ケーキやジュースなどの好きな食べ物や飲み物を買ってきた上で、改めて謝ることをおすすめします。

相手の性格によっては、「物でつろうとしている」と逆効果になることもあります。そのため、相手の性格を考えた上で、プレゼントを買ってきて謝ってみましょう。

彼女の機嫌がよくなったタイミングで謝罪すれば、受け入れてもらえるかもしれません。

カップルによくある喧嘩

恋愛経験が少ない方は、「どういうことが原因で彼女と喧嘩になるの?」と感じているかもしれません。

事前にカップルの喧嘩になりやすい出来事を知っておけば、トラブルが起きるのを防げるかもしれません。カップルによくある喧嘩を紹介していきます。

異性が絡んだ嫉妬

カップルによくある喧嘩の原因は、異性が絡んだ嫉妬から来るものがあります。恋人が異性と仲良くしている姿に嫉妬して、喧嘩に発展してしまうのは珍しくありません。

改善方法

恋人と事前に話し合って、異性との交流をどの程度受け入れるか決めておきましょう。たとえば、付き合う前から仲良くしていた異性の友人を認めるかどうかです。

また、そういった異性と会う際はグループ以外では認めないという考え方もあるでしょう。「いつ」、「どこで」、「何時まで」というルールを設定するなど、約束を守ることが大切です。

恋人がいる場合、異性とは二人っきりで会わないほうがトラブルは起きにくいといえるでしょう。

相手をしてくれない寂しさ

恋人と会えないことや、かまってもらえない寂しさから喧嘩になることがあります。こういった状態が続くと「付き合っている意味がわからない」と辛い気持ちを吐露されることもあるでしょう。

改善方法

相手が感じている寂しさの原因をしっかりと話し合ってみてください。寂しさの原因として、仕事や遠距離などが考えられます。

仕事や遠距離の問題は、時間が解決してくれることもあります。「いまは会える時間が限られてるけど、落ち着いたら一緒にもっと過ごそうね」と伝えてみてください。

その他では、一緒に過ごす時間をきっちりと決めておくこともおすすめです。日曜の夕食は一緒に食べるようにする、週に一度はテレビ通話で話すなど、2人の時間を作るようにしましょう。

あなたが彼女のことを考えている、意識していると思わせるような行動が大切です。仕事が遅い時間まである方は、帰り道にコンビニなどによって彼女の好きな食べ物を買って帰ることをおすすめします。

ちょっとした行動が、相手の寂しさを埋めて、お互いの信頼感を高める行動になるのです。

溜め込んでいたものが爆発する

小さなすれ違いや不満が溜まると、一気にそれが爆発して喧嘩になることがあります。

溜め込んでいたものが爆発してしまうことで、普段よりも大きな喧嘩になってしまうことがあるのです。

お互いが不満をぶつけて言い合いになり、仲直りするまで時間を必要とすることもあるでしょう。

改善方法

日頃から相手に対して思っていることは、溜めてしまう前に伝えることが重要です。ただし、いつもネチネチと相手に不満を伝えるような行動は、喧嘩の原因になります。

自分の中で我慢できることとできないことを考えて、その場で丁寧に伝えるように心がけてください。後から伝えると、「なんでそのときに言ってくれないの?」と喧嘩になる可能性があります。

幼少期から身についている習慣やクセを改善するのは難しいため、お互いでどのように改善していくか話し合うといいでしょう。

価値観の違い

彼女と一緒に過ごしていると、価値観の違いを感じることがあるでしょう。物事に対する価値観の違いは、喧嘩の原因になりやすいです。

改善方法

価値観の違いから起きる喧嘩は、防ぐのが難しいと考えられています。お互いの価値観を改善していくよりも、新しい価値観を2人で作っていくことも検討してみてください。

また、相手が持っている価値観を否定せず、1度試してみることもいいでしょう。お互いの価値観をすべて理解して受け止めるのは難しいので、妥協案を話し合って考えることも1つの選択肢です。

喧嘩中彼氏が絶対にやってはいけないこと

喧嘩をしてしまったら、仲直りするまでの間はいくつかの注意点があります。あなたの態度によって、喧嘩状態が悪化し、最悪の場合は破局することにつながるかもしれません。

そうならないためにも、喧嘩中に彼氏が絶対にやってはいけないことをチェックしておきましょう。

表面上だけで謝る

喧嘩をはやく終わらせたくて、表面上だけ謝るような行為はNGです。彼女をさらに怒らせる原因になります。

誠心誠意謝れば、あなたが本当に申し訳ないと思っているかどうかは、相手に伝わります。そのため、「ごめんごめん、反省してるよ」という表面上だけ謝るようなことは避けましょう。

不貞腐れる

彼女と仲直りがなかなかできず、あなたが疲れてしまう場合もあるでしょう。しかし、あなたが「わかった、わかった、僕が悪かったよ」というような、不貞腐れた態度を取ってしまうと喧嘩状態が悪化する原因になります。

ある程度は我慢して、表情に出さないようにしましょう。

逆ギレ

喧嘩の原因が自分にある場合、謝っても許してもらえないことがあるでしょう。いくら謝っても許してもらえないと、つい「もういいよ!」と逆ギレしてしまう方も珍しくありません。

しかし、逆ギレしてしまうと、彼女も「あなたが悪いんでしょ!」とヒートアップして、大喧嘩につながってしまうのです。

喧嘩の原因が自分にある場合、相手が許してくれるまで我慢するしかありません。逆ギレしても問題が解決することはないため、時間をかけて関係を改善していきましょう。

同じ内容で相手を怒らせる

同じような内容で彼女を何度も怒らせてしまうと、許してもらうまで時間がかかるようになります。最終的には「あなたのことはもう信じられない」と、別れを告げられるかもしれません。

自分の悪い点を見つめ直し、少しずつでも改善していくことが大切です。どうしても喧嘩になってしまう場合は、お互いの価値観や相性の問題が考えられます。

無理に交際を続けるのではなく、距離を置くことも1つの選択肢です。ただし、喧嘩ばかりしているけど、なんだかんだ仲良しというカップルも多くいます。

「喧嘩するほど仲がいい」という言葉もあるため、彼女に呆れられないように謝って仲直りしましょう。

まとめ

彼女と喧嘩した時の仲直り方法について解説しました。彼女と仲直りするためには、まずは原因をきっちりと考えましょう。

そして、気持ちを落ち着けてからゆっくりと話し合うことが大切です。適当な謝罪や逆ギレは、喧嘩が悪化する原因になります。

カップルが喧嘩するのは、お互いを大切に思っている証拠です。一緒に過ごしていく中で、お互いの価値観や違いを認め合っていくようにしましょう。

喧嘩しても仲直りできれば、以前よりも絆が深まることもあります。本記事で紹介した、仲直り方法を参考に話し合ってみてください。