タップルの『スーパーいいかも』と『いいかも』と『いいね』の違いとは? – マッチングアプリ研究|ペアーズ、with、タップル、イヴイヴ、クロスミーや新規マッチングアプリを徹底研究する総合情報サイト
2021.10.29

タップルの『スーパーいいかも』と『いいかも』と『いいね』の違いとは?

タップル

この記事を書いた人

マッチングアプリ研究編集部

『マッチングアプリ研究』の編集部です。編集部メンバーはマッチングアプリに精通したブロガーです。

こんにちは、マッチングアプリ研究部です。

タップルは、利用者満足度No.1で毎月10,000人のカップルが成立するマッチングアプリです。

好きな「もの」や「こと」から好みの相手を探せるのが人気で、効率よく自分と相性の良い相手を探せます。

今回は「スーパーいいかも」と「いいかも」の違い、メリット、デメリットなどを紹介します。

本記事を参考にタップルを使いこなしましょう。

タップルには2種類の「いいかも」がある

タップルには「いいかも」が以下の2つがあります。

  • いいかも
  • スーパーいいかも

それぞれ何が違うのかをチェックしていきましょう。

いいかも

「いいかも」は1ポイント消費して、相手にアピールする方法です。

相手の「相手から」に表示され、送った相手が「ありがとう」を選ぶとマッチングできます。

ただし、多くの人から「いいかも」をもらう会員の場合、「いいかも」が埋もれてしまう場合も多く、見てもらえないなんてパターンも多いです。

また、「いいかも」を送るだけなので、相手が「ありがとう」をした際はマッチングするため分かりますが、そもそも相手が自分の「いいかも」を見たのか「ごめんなさい」をしたかどうかが全くわかりません。

スーパーいいかも

「スーパーいいかも」は50ポイントを使い、相手にアピールできます。

タップル

次の項目でメリットを紹介しますので、見ていきましょう。

「スーパーいいかも」のメリット

メリットは以下の3つが挙げられます。

  • マッチング前にメッセージが送れる
  • 相手がログインした際に、必ずチェックしてもらえる
  • 履歴から相手の状況をチェックできる

それぞれ見ていきましょう。

マッチング前にメッセージ付きで送れる

普段はマッチングした後にしか、メッセージを送れません。

しかし、「スーパーいいかも」を使うと、マッチング前にメッセージが送れます。

マッチング前に相手との共通点や話したい話題などのメッセージを送ることができて、より自分をアピールできるのはかなりの大きなメリットとなります。

相手がログインした際に、必ずチェックしてもらえる

「スーパーいいかも」を送ると、送った相手の画面に送ったメッセージが表示され、相手はその場で「ありがとう」または「ごめんなさい」を選択します。

「いいかも」では見逃されてしまっても「スーパーいいかも」なら見てもらえないというパターンはまずありません。

相手がログインすれば返事が返ってくるので、絶対に返事が欲しい時に使うのがおすすめです。

履歴から相手の状況をチェックできる

「スーパーいいかも」は自分が送ったスーパーいいかも」を見てもらえたかどうか、履歴から確認できます。

  1. マイページ内の「設定」をタップ
  2. 「履歴」をタップ
  3. 「スーパーいいかも」をタップ

上記の操作を行うと下の画像が表示されます。

タップル

履歴では「返信待ち」、「結果を見る」の2種類が表示されます。

「結果を見る」となっていれば、相手が「ありがとう」「ごめんなさい」のどちらかを選択したということです。

結果を確認した後は、履歴内容が「成功」、「失敗」どちらかが表示されます。

「スーパーいいかも」のデメリット

「スーパーいいかも」にはメリットだけでなく、以下のデメリットがあります。

  • 50ポイントを消費してしまう
  • 相手がログインしないと意味がない

それぞれ何に気を付けなければいけないのか見ていきましょう。

50ポイントを消費してしまう

通常の「いいかも」や「いまいち」で消費するポイントは1ポイントです。

しかし、「スーパーいいかも」の場合、50ポイントも消費してしまいます。

容易に使えるポイント数ではないのはデメリットといえるでしょう。

また、ポイントの増やし方や活用方法については下記の記事を参考にしてみてください。

タップル(tapple)のポイントの増やし方や活用法を徹底解説します!

相手がログインしないと意味がない

「スーパーいいかも」は相手に必ず確認してもらえて、反応をもらえるのが特徴です。

しかし、これは相手がタップルにログインしていなくては意味がありません。

長期間ログインしておらず、タップルをほぼ使っていない相手に使ってしまうと返事は期待できないでしょう。

そのため「スーパーいいかも」を送る相手としておすすめなのは、頻繫にログインするユーザーです。

「新規メンバー特集」から相手を探すのもおすすめですが、プレミアムオプションに加入し、頻繫にログインするユーザーを見つけるのが効率的と言えます。

プレミアムオプションなら相手のログイン状況が分かるため、ログイン頻度の高い相手を狙うのがおすすめです。

プレミアムオプションについては下記の記事で詳しく紹介していますので、参考にしてみてください。

タップル(tapple)有料会員のメリットは?無料会員と徹底比較!

タップルで「ありがとう」をもらいやすくする方法とは?

「いいかも」や「スーパーいいかも」を送っても、適当なメッセージでは「ごめんなさい」されておしまいです。

そのため、いいかもを無駄にしないために、「ありがとう」をもらいやすくするポイントを紹介します。

  • 相手のプロフィールに触れる
  • 自分がどういう人物なのかを入れる
  • 質問で終わるもしくは挨拶で終わる

それぞれ見ていきましょう。

相手のプロフィールに触れる

相手のプロフィールには何が書いてありましたか?

タップルで得られる相手の情報はメッセージに入れて、プロフィールを見ているということをアピールしましょう。

みんなに同じ文章を送っているのではないとアピールするのが大切です。

自分がどういう人物なのかを入れる

  • 「僕も〇〇が好きでよく××するんです」
  • 「僕も〇〇するために、××してます!」
  • 「僕も最近〇〇にハマっていて…」

上記のように、自分に関する文章も入れましょう。

特に、相手に共感する内容がおすすめです。

プロフィールなどを見て共通点を探しましょう。

質問で終わる、もしくは挨拶で終わる

相手のプロフィールに触れるだけで終わってしまうと、次のメッセージが続きません。

例えば以下のような質問で終わりにしてみましょう。

  • 「最新作見ましたか?」
  • 「おすすめのカフェがあるんですが、一緒にどうですか?」
  • 「今度のイベント行きますか?」

また、以下のような挨拶もおすすめです。

  • 「よろしければメッセージのやり取りができたら嬉しいです!」
  • 「〇〇についてお話したいです。よろしくお願いします」

質問は返信しやすく、挨拶は誠実な印象を与えますので、終わらせ方に気を使ってみてください。

1回目は「いいかも」でもOK

タップルでは、「いいかも」をした後に「スーパーいいかも」を送ることができます。

1回目から焦る必要はありません。

気になる相手を何人か「いいかも」して、マッチングしなかったらその中からどうしても気になる相手に使ってみましょう。

タップルの場合、「いいかも」した相手を履歴から確認できますので、焦らなくても大丈夫です。

まとめ

「スーパーいいかも」はマッチング前にメッセージを送れて、「いいかも」より非常にマッチングしやすい機能です。

ただし50ポイントを消費するため、ここぞという時に使うのが良いでしょう。

うまく活用して素敵な出会いをゲットしてみてください。